フッ素外壁塗装 リフォーム費用

フッ素外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

フッ素外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

これまで高層ビルなどに使われることの多かったフッ素塗料ですが、最近は一般住宅で行うことも増えています。価格が高いのがネックとも言われていますが、施工費用の相場はどのくらいなのでしょうか。

 

フッ素外壁塗装で得られる効果

 

紫外線や雨によるダメージを防ぐ耐候性や防藻性、防カビ性に優れているのがフッ素外壁塗装の大きな特徴です。

 

 

外壁の傷みは建物の構造にも影響を与えるので、こうした特性を持つ塗料での外壁塗装は家を守るためにも重要な方法でしょう。

 

 

また、塗り替えの頻度も約20年ごとと他の塗料の1.5倍の耐用年数があります。メンテナンスの回数を減らしたい時にもフッ素外壁塗装が向いていると言えるでしょう。

 

耐用年数に信用性が高い

 

塗料の中には長い耐用年数を謳っていても、実際には販売開始から間がないものも多くあります。

 

フッ素塗料については発売開始から十分な年月が経っており、その間に大きな問題はありません。そのため、根拠のない耐用年数ではなく信用性が高いと考えて良さそうです。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

費用の相場は塗料の中でも高め

 

フッ素塗料の平米単価は3500円〜4500円となっており、他の塗料に比べると費用がかかります。一般的な広さと言われる30坪の住宅で100万円を超えると考えると躊躇する人も多いでしょう。

 

フッ素外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

ただし、耐用年数と併せて考えてみると年間のコストは他の塗料より安くなるとも言われます。また塗り替えの回数が少ない分、手間や時間も節約できます。

 

単純に1回外壁塗装価格として考えるのではなく、ランニングコストも含めて検討するのがお勧めです。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

どうすれば安くフッ素外壁塗装ができる?

 

元々、価格の高いフッ素塗料を安く仕入れるのには業者にも限界があります。そのため、フッ素外壁塗装を安くする方法はそれほど多くありません。

 

まずは業者がキャンペーンなどを行っていないか確認するため、チラシやWebをチェックしましょう。特定の塗料だけが割引されていたり、工事費用の一部の無料キャンペーンが行われることもあります。

 

また、業者を選ぶ時には相場を確認する意味でも相見積が基本です。信頼できる業者を選ぶためには、フッ素外壁塗装の施工実績を見学させてもらうのも良いかもしれません。

 

一般住宅でフッ素塗料が用いられるようになったのは最近で、今後は普及に向けて価格が下がると言われています。ただし、現時点で高価な塗料であることは確かなので安く施工できる業者選びが重要です。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓