樹脂サイディング リフォーム費用

樹脂サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

樹脂サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

日本ではまだ普及率の低い樹脂サイディングですが、国外では50%ものシェアを誇る地域もあるほど一般的な外壁材です。他にはない特性を持ち、外壁に使うメリットも大きいと言われますが費用の相場はどのくらいになるでしょうか。

 

樹脂サイディングとは?

 

樹脂サイディングの主原料は塩化ビニル樹脂で撥水性に優れており、塩害にも耐性を持っています。また軽量なので、建物に必要以上の負荷をかけることがない方法でしょう。

 

弾力性のある素材を使用しているため歪みが生じにくい耐衝撃性も高い外壁材です。耐用年数20年以上とも言われており、他のサイディングより耐久性にも優れています。

 

コーキング不要でメンテナンスが楽

 

サイディング外壁のデメリットとして挙げられるのがコーキングの劣化です。しかし、樹脂サイディングはコーキングが不要なため打ち直しの必要がありません。

 

初期費用は高めですが20年、30年と長い目で見ればコストパフォーマンスに優れた外壁材と言えます。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

施工費用の相場はどのくらい?

 

普及が進まない理由の一つに挙げられるのが部材にかかる費用の高さです。窯業系サイディングは平米当たり3000円程度ですが、樹脂系サイディングは8000円〜10000円が相場となります。

 

工事費用も全て含めた場合、30坪の住宅で総額200万円〜300万円程度を考えておけば良いでしょう。業者による部材費の違いは大きくありませんが、工事費については業者によって料金体系が全く異なります。

 

樹脂サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

耐用年数が長く、コーキングの打ち直し不要な樹脂サイディングは、トータルで見れば決して高くないとも言えます。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

樹脂サイディングを格安で行うには?

 

格安で施工するために一番大事なことは、複数の業者に見積もりをしてもらうことです。また、不要な性能を省いたベーシックなグレードのものを使うという選択肢もあります。

 

ただし、シェアが少ないためデザインや性能などが限定されることもあります。追加費用をかけずに多くの種類から選ぶためには、取り扱う種類が多い業者を選ぶ必要もありそうです。

 

 

また、軽いという特性を生かせる重ね張り工法で工事を依頼するのも安く済ませる方法でしょう。1割〜2割ほど価格が変わってくるので、選択肢の一つとして考えても良さそうです。

 

費用の相場は高めなものの樹脂サイディングには様々なメリットがあります。工事費用部分を格安に抑えられる業者を選ぶことが格安で施工するための秘訣と言えるでしょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓