ガルバリウム サイディング リフォーム費用

ガルバリウム サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

ガルバリウム サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

ガルバリウム鋼板は多くのメリットを持つ外壁材として近年注目を集めています。外壁に採用した場合どのようなメリットがあるのか、相場はどのくらいなのか見ていきましょう。

 

ガルバリウムは金属系サイディングの一つ

 

金属系サイディングの一種のガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されています。ステンレスよりもコストが安く、アルミニウムによってコーティングされているため防食性の高い素材です。

 

 

軽量なので地震の多い日本の住宅に向いている外壁材として普及が進んでおり、家自体への負担も減らせる方法と言えるでしょう。

 

モダンなデザインで人気

 

シックでモダンなデザインの家に似合う外壁材とも言われ、見た目にこだわる施主に人気があります。トタンのように見えるという人もいるようですが、実際にはカラーも豊富でトタンとは全く違った性質を持っています。

 

また、金属系サイディングの一種のためコーキングをほとんど必要としません。メンテナンスフリーと宣伝する業者もいるのはそのためです。

 

施工費用の相場はどのくらい?

 

ガルバリウム鋼材の価格はメーカーや性能によって異なりますが平米当たり4000円〜7000円ほどです。意匠を凝らしたデザインの場合はメーカーが限られたり、価格が高くなったりすることもあります。

 

 

部材費に人件費や運送費などを含めた外壁工事全体の相場としては、30坪で70万円〜100万円が相場と言われます。

 

ガルバリウム サイディング外壁リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

特別な部材の取り寄せが必要になったり、施工場所が遠方の場合は相場よりも1割程度高くなると考えた方が良いでしょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

費用を抑えてガルバリウムにする方法

 

ガルバリウム鋼材の価格はメーカーごとに決まっていますが、その他の工事費は施工業者が自由に決められます。

 

 

そのため、費用を安く抑えるには中間マージンがかからない自社施工の業者を選ぶのがお勧めです。外注が多いほど費用はかさみますし、それが工事代金に反映されます。

 

また、金属系サイディングの軽さを生かすカバー工法を選ぶのも格安で済ませる方法の一つです。張り替えよりも費用が安いカバー工法はガルバリウム鋼材と相性が良く、2割ほど安くなると言われています。

 

ガルバリウム鋼板は外壁材としての耐久性や耐震性などに優れた素材であり、メンテナンスもほぼ不要です。錆びに気をつけることが大事な外壁材でもあるので、安さだけでなく素材の取扱件数が豊富な業者を選ぶことも大事です。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓