バルコニーの防水補修塗装 リフォーム費用

バルコニーの防水補修塗装工事の方法と費用・価格・相場・見積り

バルコニーの防水補修塗装工事の方法と費用・価格・相場・見積り

 

建物の外にあるバルコニーは雨にさらされるため、劣化がどんどん進んで行きます。バルコニーの防水補修塗装を行えば深刻なダメージを避け、家を長持ちさせることもできるでしょう。

 

どんなときバルコニーの防水補修塗装が必要?

 

最初にどんな塗料を使用しているかによっても違いますが、一般的にバルコニーの耐用年数は約10年と言われます。

 

ただし、使用頻度が高かったり酸性雨や塩害の影響を受けやすい場合、短い期間で劣化が始まります。塗装が剥がれてくる、細かなひび割れができるといった状態は目視でも確認しやすいはずです。
定期的に状態を確認し、必要に応じてバルコニーの防水補修塗装を検討しましょう。排水溝の詰まりが原因の水たまりも劣化を早めてしまうため、掃除を怠らないことも大事です。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

 

バルコニーの防水補修塗装の相場

 

バルコニーの防水補修塗装に使われる塗料は防水性、防汚性に優れ、耐久性が高いのも特徴です。そのため、トップコートのみの補修で問題のないことも多く、この場合の費用は約5万円で済みます。

 

塗装による防水以外にも補修の方法はいくつかあり、耐久性もさらに上がるため選択肢に入れるのも良いかもしれません。

 

工法によって価格が変わる

 

  • ウレタン防水塗装 2500〜3000円
  • FRP防水 3000〜6000円
  • シート防水 2000〜7500円
  • アスファルト防水 5000〜9000円

 

バルコニーの防水補修塗装工事の方法と費用・価格・相場・見積り

 

最も高いアスファルト防水は耐用年数が約20年と、ウレタン防水塗装の倍近く長持ちします。施工時の費用はかかるものの、長い目で見ればコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

 

バルコニーの防水補修塗装を格安にする方法

 

バルコニーの劣化が気になる時期は、外壁や屋根なども同時に色褪せや傷みが気になり始める時期です。格安で防水補修塗装をするには、こうした部分をまとめて工事するのが一番でしょう。

 

これは工事にかかる手間賃部分が省けるからで、場合によっては3割ほどの費用削減ができます。ただし、まとまった工事には費用がかかるため、適正価格で施工してくれる業者探しが重要です。

 

補修や塗装を考えているのであれば、まずは複数業者に見積もりを依頼しましょう。信頼できる業者を選ぶことが工事を成功させる鍵です。

 

バルコニーの防水補修塗装工事の費用は、選ぶ業者によって何十万円もの差がつきます。できるだけ安く工事するためには、見積もりの依頼と工事か所の選定が大事なポイントとなるでしょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓