外壁クラック補修 リフォーム費用

外壁クラック補修・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

外壁クラック補修・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

綺麗に外壁を塗装しても早ければ数カ月、数年以内にはほとんどの外壁に出てくるのがクラックです。雨や湿気、汚れが壁内部に入り込む原因にもなるので放置せず、外壁クラック補修を行いましょう。

 

修理が必要な外壁の状態

 

塗装がひび割れた軽度なクラックはヘアークラック、塗膜の底までのひび割れをクラックと呼びます。このような状態になる理由には色々ありますが、主な原因は次のようなものです。

 

  • 振動などの外的要因
  • 湿度や温度による塗料の劣化
  • 住宅の傾きや地盤沈下

 

何が原因であっても外壁クラック補修は必要ですが、住宅自体に問題がある場合は根本的な対策が必要です。塗料の劣化はある程度仕方のないことですが、塗装技術が未熟な場合は通常より早くひび割れます。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

外壁クラック補修の費用はいくら?

 

外壁クラック補修には傷を埋める工程と上から塗装する工程が必要になります。浅いクラックの場合、補修費用の相場は外壁塗装とほぼ同じです。

 

ただし、塗膜の底に達する深いクラックや外壁の剥がれなどの場合は、補修費用も高くなります。1カ所あたりで計算する場合1万円〜2万円で、2カ所目以降は割引されることもあるようです。

 

外壁クラック補修・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

範囲が広い場合は平米当たりの計算となり、塗装に使う塗料によって1000円〜4000円/平方メートルと価格差があります。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

できるだけ安く外壁クラックを補修する方法は?

 

外壁クラック補修を安くするためには、まず補修が必要な個所の把握が大事です。いくつか業者を選んで現地調査をしてもらい、見積もりの作成依頼をしてください。

 

高い場所のクラックは自分で見つけにくいため、しっかりと確認してもらった方が良いでしょう。外壁や屋根、シーリングなど、修繕が必要な個所があればまとめて依頼することで安くなることもあります。

 

軽微なクラックは自分でも補修可能

 

幅の狭い軽微なクラックの場合、自分で補修することもできます。日曜大工の経験がある人ならコーキング材と塗料を購入してくれば補修できますし、費用もそれほどかかりません。

 

ただ、ひび割れの深さを見誤ってしまうと傷みが進行する原因にもなります。少しでも不安がある場合は、無理に自分で補修するのではなく業者に任せてしまう方が安心です。

 

家の外観を損ねることにもなる外壁のクラックは、小さなものでも建物にダメージを与える原因になりかねません。早めに補修を行うことでひび割れの進行を防げるだけでなく、家の寿命を延ばすこともできます。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓