外壁・サイディングのシーリング リフォーム費用

外壁・サイディングのシーリング・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

外壁・サイディングのシーリング・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

新築の住宅で最も早く傷みだすのが外壁・サイディングのシーリングと言われます。放置しておくと建物に雨水が染み込む原因にもなるので、なるべく早めの対策が必要です。

 

外壁・サイディングのシーリングは定期メンテナンスが必要

 

外壁やサイディングの塗料に耐用年数の長いものを使っても、その年数だけメンテナンス不要という訳にはいきません。その理由はほぼ全てのサイディングに欠かせない、シーリング材は普及率の高い塗料よりも耐用年数が短いからです。

 

最も持ちの悪いアクリル塗料の場合は、塗り替えと同時にシーリングを行うのも一つの方法でしょう。しかし、それ以外の塗料は10年程度の耐用年数があるため、シーリングのみの補修が必要です。

 

補修が必要な状態とは?

 

打ち直しが必要かどうかの最終判断は業者に任せますが、シーリングの状態は素人でも確認できます。次のような症状が見られる場合は、打ち直しを検討した方が良いと言われます。

 

  • 剥離
  • 破断
  • 欠落
  • 肉やせ

 

経年劣化もあれば、施工時のシーリング材不足など剥離や破断の原因は様々です。しかし、放っておくとさらに傷みが進行するため補修は必ず行いましょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

シーリング工事の費用相場

 

外壁・サイディングのシーリング工事方法は増し打ちと打ち替えの2種類です。費用の相場は1メートル当たり500円〜900円で、価格の差は使用するシーリング材の違いです。

 

外壁・サイディングのシーリング・リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

シーリング材の費用に施工する長さを掛けて算出しますが、業者が行う場合は足場代もプラスされます。

 

また、既存のシーリング材の撤去費用がかかることもあります。1軒分の場合は増し打ちで35万円、打ち替えで50万円程度が相場と考えておきましょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

格安でできる外壁・サイディングのシーリング方法

 

ごく一部であれば外壁・サイディングのシーリング補修は自分で行うことも可能です。業者に依頼するより格安ですし、工事自体はそれほど難しくありません。

 

しかし、家全体となると業者に依頼する方が確実です。また、安く済ませるには打ち替えではなく増し打ちを選択する方法もあります。

 

ただし、状態が悪い場合は打ち替えが必要になることもあるでしょう。適した方法を知るためにも、複数の業者に見積もり依頼をするのが最も確実な方法と言えます。

 

劣化の早いシーリングを早めに補修することで、外壁だけでなく建物を守ることにもなります。どんな工事が必要かを確認するためにも見積もりを兼ねた現地調査をしてもらいましょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓