ウレタン外壁塗装 リフォーム費用

ウレタン外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

ウレタン外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

最近の住宅では以前よりウレタン外壁塗装を行わなくなりましたが、施工費用が安いメリットがあります。塗料の特性を生かして上手に使えば、納得のいく外壁塗装ができるでしょう。

 

ウレタン塗料の特徴

 

伸びが良く塗りやすいという特長を持つウレタン塗料は、作業効率が良く施工時間を短縮できます。また、やや弾性を持つ塗料のためウレタン塗装外壁はひび割れに強いという特性も持っています。

 

約10年と飛び抜けて耐用年数が長いわけではないものの、価格とのバランスが良い塗料です。どんな材質とも密着性が高いという特性を生かした使用範囲の広さも、選ばれる理由でしょう。

 

付帯部の塗装で大活躍

 

金属や木材など材質を問わず密着するウレタン塗料は、雨どいや軒天などの付帯部の塗装で活躍します。

 

塗料の種類によっては剥がれたり塗装の際に弾かれたりしますが、そういった問題はおきません。伸びの良さは細部の塗装にも適した方法で、万能塗料と呼ばれることもあるほどです。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

ウレタン外壁塗装の費用相場は比較的安価

 

塗料のグレードで言うとアクリル塗料に次ぐ下から2番目となるため、費用相場は比較的安価です。平米当たりの費用は約1700円〜2200円、30坪の住宅の場合で総額は70万円くらいが相場となっています。

 

ウレタン外壁塗装リフォームの方法と費用・価格・相場・見積り

 

ただし、この金額には足場や人件費など業者によって大きく異なる費用も含まれています。そのため、見積もりによっては100万円を超えることもあるようです。

 

見積もりが相場より高すぎると思った時には、工事費用の内訳を確認しましょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓

 

格安でウレタン外壁塗装する秘訣とは

 

ウレタン外壁塗装を検討している場合、まずは複数の業者に見積もりを依頼してください。この際大事なことは使用する塗料のグレードなどを含め、同じ条件で見積もりを取ることです。

 

確認の際は価格だけでなく、塗装回数などの詳細が記載されているかも確認しましょう。安い業者は通常行われる3回塗りをせず、価格を抑えていることもあります。

 

格安だと思った工事が手抜きだった場合、結局は数年後に塗り替えすることになり費用が余計にかかります。

 

複数業者に見積もりを取れば適正価格の見当がつき、不自然に安い信頼性に欠ける業者を排除することができるはずです。

 

費用と機能、耐用年数のバランスが良いウレタン外壁塗装は、主流と言えないまでも使用範囲は少なくありません。相見積や業者が行うキャンペーンを利用すれば、格安で施工してもらえる業者を見つけられるでしょう。

 

↓↓外壁塗装の費用・相場の調査ならココ↓↓